仏具について

  • 葬具・そうぐについて
    葬具(そうぐ)について
    葬式・葬列を行うのに用いる道具。
    本来、葬具(そうぐ)の特徴は金具を用いず白木の木工製か紙製の物を使用する事が多かった。

    木工製/紙製の葬具



    ページの先頭へ戻る
  • 仏具(ぶつぐ)について
    仏具(ぶつぐ)について
    仏具(ぶつぐ)は、仏教の儀式で使用される特殊な道具。
    或いは僧侶が使用する装飾品の事。
    仏具(ぶつぐ)=法具(ほうぐ)、法器(ほうき)



    ページの先頭へ戻る
  • 仏具(儀式で使用する物)
    仏具(儀式で使用する物)
    ・本尊(ほんぞん)
     仏教寺院や仏壇などに最も大切な信仰の対象として安置されたり、お守りとして身辺に常時携帯される、仏や菩薩などの彫刻・絵画・曼荼羅(まんだら)・名号などのこと。

    ・仏像(ぶつぞう)
     仏教の信仰対象である仏の姿を表現した像。

    ・仏画(ぶつが)
     仏教絵画。狭義(きょうぎ)には礼拝の対象とされる仏や菩薩(ぼさつ)などの画像

    ・曼荼羅(まんだら)
     仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。

    ・仏壇(ぶつだん)
     家の中に常設された、仏を祀る厨子、家族の死者を祭る、祭壇でもある。内部は仏教各宗派の本山寺院の仏堂を模した豪華な作りになっており、仏像や位牌を納める。

    ・厨子(ずし)
     仏像・仏舎利・教典・位牌などを中に安置する仏具の一種である。

    ・三具足(みつぐそく・さんぐそく)
     仏具の呼称の一つ。香炉・燭台(火立)・花立各一つずつで一組となる仏具の事。本尊に向かって左側に花立、真ん中に香炉、右側に灯立を置く。

    ・五具足(ごぐそく)
     仏具の呼称の一つ。香炉一つと燭台(灯立)一対、花立一対で一組となる仏具の事。三具足に燭台と花立を各一つずつ足した物。本尊に向かって中央に香炉、その両側に灯立一対、両端に花立一対置く。ちなみに三具足の場合は、中央に香炉、右側に燭台を一つ、左側に花立を一つを置く。

    ・蝋燭(ろうそく)
     蝋(ろう)に綿糸などでできた芯を埋め込んだもので、芯に火を点して灯りとして用いる

    ・香炉(こうろ)
     固体状の香料を加熱し、香気成分を発散させる目的で用いる器である。日本の仏具において灯明(燭台)・花瓶(花立て)とともに三具足(五具足)のひとつとされる。

    ・香盒(こうごう)
     香を収納する蓋付きの小さな容器。

    ・経机(きょうつくえ)
     読経の際に経典をのせる机。寺院本堂及び、仏壇の前に置かれる仏具の一種。黒または朱塗りの漆塗りのものと、唐木のものがある。また葬儀における祭壇及び、中陰壇の前には、白木のものを用いる。

    ・経典(きょうてん・きょうでん)
     釈迦が説いた教えを記録した仏教の聖典のこと。教義をまとめたものを「経」(経蔵)、修行法や戒律に関するものは「律」(律蔵)、経を注釈したものは「論」(論蔵)と呼ばれ、経・律・論を合わせて「三蔵」と呼ぶ。「経典」という場合、狭義には「経」を指すが、広義には仏教典籍全般を指す。

    ・仏飯器(ぶっぱんき)
     仏壇などに、ご飯をお供えする際に使用する器

    ・灯明(燈明:とうみょう)
     神仏に供える灯火をいう。仏教においては、サンスクリット語の「ディーパ」の訳で、闇(無明)を照らす智慧の光とされ、重要な供養のひとつとされる。灯明は古くは油をともす油皿(あぶらざら)が使われていたが、現在は、ろうそくまたは電球によるものが多い。

    ・輪灯(わとう)
     浄土真宗では、燭台の他に「輪灯」と呼ばれる真鍮製の灯火具が用いられる。形状は、油煙よけの傘を付けた吊り具に、油皿をのせる皿に輪を付けたもの。対で用いられる。

    ・瓔珞(ようらく)
     装身具または仏堂・仏壇の荘厳具のひとつ。

    ・灯籠(とうろう)
     日本の伝統的な照明器具の一つ。「灯」の字は旧字体で「燈」とも、「籠」の字は異体字で「篭」とも書く。

    ・打敷(うちしき)
     仏教寺院や仏壇に置かれる卓の天板の下にはさむ敷物。荘厳具の一種。本来、釈尊の座る高座の上に敷かれていたもので、後に仏像の前の卓の上に敷かれるようになったのが起源とされる。打敷の「打」には「張る」という意味があり、卓上に張り敷くことを意味する。内敷とも書き、打布、内布ともいう。

    ・華瓶(かびん)
     切花を挿す目的で用いられる容器

    ・位牌(いはい)
     死者の祭祀のため、死者の戒名などを記した木板

    ・法名軸(ほうみょうじく)
     浄土真宗において用いられる仏具で、死亡年月日と法名を記す掛軸である。「法名軸」を礼拝の対象ではない。(真宗高田派は、「位牌」を用います)

    ・過去帳(かこちょう)
     仏具の1つ。故人の戒名(法号・法名)・俗名・死亡年月日・享年(行年)などを記しておく帳簿である。
    形状は、折本と和本(和綴じ)の物に分けられる。 表紙の素材は、布(金襴・緞子など)や唐木(黒檀、紫檀など)などが用いられる。紙の素材は、和紙(多くは鳥の子紙)製と洋紙製が用いられる。
    内容は、「日付入り」と「日付無し」のものがある。「日付入り」のものは1日から31日までの日付[1]が入っており、亡くなった日の欄に記入する。

    ・閼伽棚(あか)
    仏教において仏前などに供養される水のことで六種供養のひとつ。サンスクリット語のargha(アルガ)の音写で、功徳水(くどくすい)と訳される。閼伽井から汲まれた水に香を入れることがあり、閼伽香水とも呼ばれることもある。

    ・金剛杵(こんごうしょ)
     梵名 ヴァジュラ・ヴァジラ (vajra)は、密教やチベット仏教における法具である。
    仏の教えが煩悩を滅ぼして菩提心(悟りを求める心)を表す様を、インド神話上の武器に譬えて法具としたものである。

    ・仏旗(ぶっき)
     仏教を象徴する旗。「六色仏旗」「六金色旗(ろっこんしょくき・ろっこんじきき)」、「仏教旗」とも呼ばれる。



    ページの先頭へ戻る
  • 仏具(鳴物・打物)
    仏具(鳴物・打物)
    ・梵鐘(ぼんしょう)
     東アジアの寺院などで使用される仏教法具としての釣鐘(つりがね)。撞木(しゅもく)で撞(つ)き鳴らし、重く余韻のある響きが特徴。一般には除夜の鐘で知られる。別名に大鐘(おおがね)、洪鐘(おおがね、こうしょう)、蒲牢(ほろう)、鯨鐘(げいしょう)、巨鯨(きょげい)、華鯨(かげい)などがある。
    *釣鐘(つりがね)は、鐘の一種で、日本・中国・朝鮮の様式で作られたもの
    *蒲牢(ほろう)は、中国神話の怪物。形状は龍に似ている。

    ・木魚(もくぎょ)
     仏具・楽器の一種

    ・木柾(もくしょう)
     仏教で用いられる法具(ほうぐ)の一種。円形の物が多いが枕型の四角の形の物も有る。

    ・鈴(りん、れい)
     仏具の1つ。(鈴=りん

      鈴(れい)
       仏具の1つ。(鈴=りん
       密教では、小型の鐘に似た手持ちの仏具である。金剛鈴(こんごうれい)、宝珠鈴(ほうじゅれい)などある。

     ・独鈷鈴(どっこれい)
       古くは武器の一種であった独鈷杵(どっこしょ)の片側に鈴がついたもの。

     ・三鈷鈴(さんこれい)
       片側に鈴がついたもの。

     ・五鈷鈴(ごこれい)
       片側に鈴がついたもの。

     ・塔珠鈴(とうしゅれい)
       片側に鈴がついたもの。

    ・鈴台(りんだい)
     「鈴」を置くための仏具。

    ・りん棒・撥(ばち)
     鈴を打つ際に用いる棒、「鈴棒(りんぼう)」、「撥(ばち)」、「ばい(ばい)」と呼ぶ。

    ・印金(いんきん)
     仏具の1つ。(鈴=印金)

    ・錫杖(しゃくじょう)
     遊行僧が携帯する道具(比丘十八物)の一つである杖。梵語ではカッカラ (khakkhara) といい、有声杖、鳴杖、智杖、徳杖、金錫ともいう。

    ・団扇太鼓(うちわだいこ)
     仏教で用いられる法具の一種(太鼓)。日蓮宗・法華宗などで用いられる。

    ・磬(けい)
     浄土真宗で用いられる寺院用仏具で「けい」と読む。元々は美しい音のする薄く板状の石で出来た鳴物で、「きん)(きん)」とは別の仏具。現在は、石ではなく鋳物を用いる。

    ・磬台(けいだい)
     磬(けい)を紐で吊るして懸ける台。

    ・音木(おんぎ)
     複数人で読経する際に揃えるために用いられる拍子木(ひょうしぎ)。



    ページの先頭へ戻る
  • 仏具・装飾品・ぶつぐ・そうしょく品
    仏具(装飾品)
    ・袈裟(けさ)
     僧侶が身につける布状の衣装のことである。梵語で「混濁色」を意味するカシャーヤ(Kasaya)を音訳したもの。糞掃衣(ふんぞうえ)、福田衣(ふくでんね)、法衣(ほうえ・ほうい)ともいう。

    ・略肩衣(りゃくかたぎぬ)
     真宗大谷派の門徒が、仏前における礼装として首から下げて着用する法具である。通常は、宗紋である「抱牡丹紋」(本願寺抱牡丹紋)の刺繍が施される。「帰敬式」を受式した者は、記念品として略肩衣が授与される。その略肩衣の紋は「外向五鐶紋」(そとむきいつつかんもん)の刺繍が施される。

    ・門徒式章(もんとしきしょう)
     浄土真宗本願寺派で用いられる同様の法具である。宗紋である「下り藤紋」(「西六条藤紋」)が刺繍が施される。

    ・数珠(じゅず、ずず)
     穴が貫通した多くの珠に糸の束を通し輪にした法具。 仏を念ずる時に用いる珠との意味から「念珠(ねんじゅ)」とも呼ばれる。文字の前後を入れ替え「珠数」と書く場合もある。

    ・如意(にょい)
     僧が読経や説法の際などに手に持つ道具。孫の手のような形状をしており、 笏と同様に権威や威儀を正すために用いられるようになった。
    「如意」とは「思いのまま」の意味。

    ・中啓(ちゅうけい)
     扇(おうぎ)の一種。末広(すえひろ)ともいう。

    ・扇子(せんす)
     うちわと同じく自分の手で風を送るのに用いる道具。古くは扇(おうぎ)と呼ぶのが普通であった。「おうぎ」という言葉は「あふぐ」(扇ぐ)の派生形の「あふぎ」である

    ・応量器(おうりょうき)
     禅宗の修行僧が使用する個人の食器のこと。梵語はパートラ(Patra)。音訳は鉢多羅(はったら)。鉢盂(はつう)、鉄鉢(てっぱつ)ともいう。
    応量器は主に曹洞宗の呼び方で、臨済宗では持鉢(じはつ)、黄檗宗では自鉢(じはつ)と呼ぶ。

    ・座蒲(或いは坐蒲、ざふ)
     坐禅の際に使用する座布団。曹洞宗で使用される円形状の物と、臨済宗で使用する長方形状の物の2種類ある。



    ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Tel 0742-23-6650

が定休日です。
休業日のお問い合わせにつきましては、翌営業日以降のお返事となります。
※ご注文は24時間受付中※

営業時間 平日 9:00〜17:30
(定休日 土・日・祝)

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

リンク


iディレクトリ審査通過サイト